BOATRACE TOKUYAMA 10月16日
本日の開催はありません
住之江GI  江戸川GII  蒲郡一般  浜名湖一般  宮島一般  津一般  鳴門一般  丸亀一般
 
Sunacchiポイントクラブ
 レースインデックス

出場選手一覧
主力選手
レース展望記事

日刊スポーツ杯争奪戦 日程:2018/10/20〜2018/10/25




上野真之介


森永淳
上野・森永の佐賀勢が引っ張る!

ボートレース徳山では10月20日から「日刊スポーツ杯争奪戦」が開催される。A1勢からは橋本久和(群馬)、浅見昌克(埼玉)、中岡正彦(香川)、森永淳(佐賀)、谷津幸宏(埼玉)、河村了(愛知)、長岡良也(兵庫)、片岡雅裕(香川)、上野真之介(佐賀)が参戦。実力伯仲で混戦のシリーズとなりそうだ。
V争いを引っ張るのは絶好調の上野真之介か。今期勝率は堂々の8.11で今節出場メンバーのなかで断トツの数字。全選手のなかでも5位という艇界トップクラスの数字だ。5月のG2びわこMB大賞で優出2着、7月のG1尼崎周年で優出3着と大舞台で活躍が光り、一般戦では7月の宮島戦で準パーフェクトV、9月の唐津ルーキーシリーズで優勝と格上の走りを披露。破竹の勢いで白星を量産している。徳山は過去2優出0Vでまだ優勝歴はないが、今の上野なら難なく攻略してしまいそうだ。ピンラッシュでV獲りへ突き進むのか注目したい。
対抗一番手は森永淳か。今期勝率7.43とさすがの安定感を披露。このところ記念出場機会こそ減っているが、6月の唐津戦でオール2連対Vを飾るなど一般戦で格の違いを見せている。徳山は8月にG3企業杯を走って優出4着の活躍を演じたばかり。当地2節連続優出中で徳山通算6優出1Vと水面相性上々だ。上野と森永の佐賀支部勢がV戦線をリードすることになるのか。
その他では徳山3Vの実績がある浅見昌克をはじめ、9月の丸亀戦で優勝するなど好調の中岡正彦、記念戦線でも活躍する片岡雅裕、徳山2節連続優出中の河村了、7月のG1尼崎周年で優出して存在感を見せた橋本久和、前期勝率6.40で6期ぶりのA1復帰を果たした長岡良也らがV争いを沸かせそうな存在だ。
またこの「日刊スポーツ杯争奪戦」は今期終盤の10月末に行われることもあり、級別の勝負駆けも気になるところ。A2勢では表憲一(福井)が勝率6.20、長岡茂一(東京)が勝率6.17、山崎裕司(広島)も勝率6.17となっており、ここでA1級への勝負駆けに臨むことになる可能性もありそうだ。

(データはすべて9月27日現在。カッコ内は所属支部)




江本真治
江本真治が2期ぶりのA級復帰へ!

山口74期の江本真治がリズムを取り戻してきた。今期は5月の常滑戦、6月の江戸川戦、9月の唐津戦で優出するなど随所で活躍を披露。勝率5.84をマークしている。前期は勝率5.19と苦戦して8期ぶりのB1級降格を喫したが、今期はA2級返り咲きを果たせそうだ。
この調子なら久々の優勝も期待できそうな気配。13年9月の江戸川戦を最後に優勝から遠ざかっているだけに、約5年ぶりの栄冠を狙いたい。

(データはすべて9月27日現在)




ページTOPへ