BOATRACE TOKUYAMA 12月15日
オラレ田布施開設2周年 GIII徳山マスターズ第9戦(3日目 )
  からつGI  三国一般
からつGI  戸田GIII  下関一般  宮島一般  三国一般  丸亀一般  尼崎一般
 
Sunacchiポイントクラブ
 レースインデックス

出場選手一覧
主力選手
レース展望記事

BP呉開設26周年記念 ニッカン・コム杯争奪戦 日程:2018/12/04〜2018/12/09




久田敏之


石塚久也
久田を軸に石塚、明石らがV候補に!

広島県呉市に「ボートビア呉」がオープンしたのは92年12月24日。その26周年を祝うのが「BP呉開設26周年記念 ニッカン・コム杯争奪戦」だ。6日間シリーズの男女混合戦にA1勢から山田竜一(東京)、天野晶夫(愛知)、明石正之(兵庫)、岡田憲行(大阪)、石塚久也(埼玉)、久田敏之(群馬)、深川和仁(香川)、永田秀二(東京)が参戦。実力伯仲の混戦ムードとなりそうだ。
V候補の筆頭格は久田敏之か。前期勝率7.57は今節出場メンバーのなかで断トツの数字だ。今年すでに4回の優勝をマークしており、来年のSGボートレースクラシック出場に向けて勝負駆けの状態。ここで優勝を積み重ねたいところだ。久田は今年3月の徳山戦「中日スポーツ杯争奪戦」で11戦6勝のピンラッシュを見せて当地2回目の優勝を飾ったばかり。水面相性は上々なだけにチャンス充分だろう。
石塚久也も今年4Vをマーク。1月の戸田正月レース、2月の桐生戦、4月の若松戦、11月の鳴門戦で優勝を飾ってきた。来年のボートレースクラシックは戸田で開催されるだけに、地元でのSG初出場を目指して気合は高まっていることだろう。37歳でのSGデビューなるか、この徳山戦が大きなカギとなってきそうだ。
明石正之も見逃せない。今年8月に45歳を迎え、来年からマスターズチャンピオンに出場できる年齢に到達。現在選考勝率45位あたりにつけており、選考締切の1月末まで勝負駆けが続きそうな状況だ。近況3期連続でA1級をキープするなど安定感を増している明石が、この徳山戦でもV争いを賑わす可能性充分だろう。
その他では徳山2Vの実績がある山田竜一や、今年3Vをマークしている岡田憲行、徳山V歴を持つ天野晶夫と永田秀二らが侮れない存在。A1勢以外にも前期勝率6.24でA1級復帰を決めた佐藤博亮(愛知)や、徳山3Vを誇る小野信樹(岡山)と長尾章平(山口)らがV候補の一角に加わってくるだろう。女子レーサーの向井美鈴(山口)、佐々木裕美(山口)、大瀧明日香(愛知)らも楽しみにしたい。

(データはすべて11月15日現在。カッコ内は所属支部)




長尾章平
A1級復帰を果たした長尾章平!

山口93期の長尾章平は前期勝率6.26をマーク。勝負駆けに成功して2期ぶりのA1級復帰を決めた。ここ数年はA1級→A2級→A1級→A2級→A1級と行ったり来たりの状態が続いているだけに、今期は久々のA1級キープを果たして記念戦線への定着を図りたいところだ。
今年の長尾は優出9回とコンスタントな活躍を見せているものの優勝はゼロ。思えば16年6月の江戸川戦を最後に優勝から遠ざかっている。約2年半ぶりの優勝を手にして勢いに乗りたい。

(データはすべて11月15日現在)




ページTOPへ