BOATRACE TOKUYAMA 12月15日
オラレ田布施開設2周年 GIII徳山マスターズ第9戦(3日目 )
  からつGI  三国一般
からつGI  戸田GIII  下関一般  宮島一般  三国一般  丸亀一般  尼崎一般
 
Sunacchiポイントクラブ
 レースインデックス

出場選手一覧
主力選手
レース展望記事

オラレ田布施開設2周年 GIII徳山マスターズ第9戦 日程:2018/12/13〜2018/12/18




今垣光太郎


芝田浩治
マスターズリーグに今垣が参戦!

ボートレースチケットショップ「オラレ田布施」が山口県熊毛郡田布施町に誕生したのは16年12月10日。そのオープン2周年を記念して行われるのが「オラレ田布施開設2周年 G3徳山マスターズ第9戦」だ。今年は45歳以上の選手たちが集うG3マスターズリーグとして開催される。
A1勢からは三角哲男(東京)、渡邊伸太郎(佐賀)、滝沢芳行(埼玉)、今垣光太郎(福井)、加瀬智宏(群馬)、大賀広幸(山口)、芝田浩治(兵庫)、大神康司(福岡)、一瀬明(東京)が参戦。ベテランたちが長年培ってきた技をぶつけ合う。
注目を集めるのはなんといっても今垣光太郎だろう。マスターズリーグ参戦は9月の三国以来で2回目だ。三国では準優1号艇で5着敗退とまさかの結果となっただけに、今回こそ優勝して来年のマスターズチャンピオン優先出場権を獲得したい。徳山は通算5Vの実績があり、97年のG1徳山周年、09年のG1徳山周年、12年のG2徳山MB大賞と数々のビッグタイトルを手にしてきた好相性水面。V争いをリードして頂点へ駆け上がる可能性大だ。
対抗一番手は芝田浩治か。マスターズチャンピオンの選考勝率は7.14のハイアベレージ。2年連続2回目の出場へ悠々と当確ランプをともしている。今年16優出とコンスタントな活躍が続いており、10月の尼崎戦では7連勝パーフェクトVを飾るなど近況も好リズム。徳山も最近10節で8優出2Vと相性が良いだけに、V争いのカギを握ってきそうだ。
一瀬明はマスターズチャンピオン選考勝率が6.60で50位あたり。勝負駆けの位置だ。選考締切の1月末まで気の抜けない戦いが続く。できればここで優勝して優先出場権をつかみたいところ。徳山V歴もあるだけにチャンスは十分だろう。
その他にもマスターズリーグ2Vの実績を持つ渡邊伸太郎や、地元のエース格を担う大賀広幸、今年2Vとキレ味鋭い走りが健在の滝沢芳行、マスターズチャンピオン優出2回を誇る三角哲男、10月の下関G3企業杯で優出5着の好走を見せたばかりの加瀬智宏らがV争いに名乗りをあげてきそうだ。

(データはすべて11月29日現在。カッコ内は所属支部)




大賀広幸
大賀広幸が一発逆転を狙う!

山口65期の大賀広幸はマスターズチャンピオンの選考勝率が6.03。100位あたりとかなり厳しい状況だ。5年連続出場を果たすには、この徳山マスターズリーグがラストチャンスになるかもしれない。優勝して一発逆転で優先出場権をつかみ取りたい。
マスターズリーグは今年5月の児島戦で初出場して優出2着。地元の川崎智幸に敗れたがV取りまであと一歩に迫る活躍だった。今度は自らが地元の立場となり、遠征勢を迎え撃つ。

(データはすべて11月29日現在)




ページTOPへ