BOAT RACE 徳山
本日開催
10/03
場外発売 びわこ GⅠ 宮島 GⅢ からつ 一般 多摩川 一般
浜名湖 一般 一般 桐生 一般 住之江 一般 丸亀 一般
下関 一般
NEWS

令和5年度SG第33回グランドチャンピオン開催決定!!   楽天銀行杯争奪戦 10月3日 第12R 1号艇 3946 赤岩善生 2号艇 3333 丸尾義孝 3号艇 3849 中岡正彦 4号艇 4413 水摩敦 5号艇 4703 森永隆 6号艇 4704 河野大   

ボートレース徳山ヒストリー

戦前の徳山市(現・周南市)は、第三海軍燃料廠がある町として繁栄していたが、昭和20年5月及び7月の空襲により、市街地のほとんどが焼失。
戦後復興の財源確保のため、ボートレースの開催を計画。市議会の審議の上、昭和26年9月29日に「議案第197号モーターボート競走の施行について」を可決し、施行される運びとなった。
ボートレース場設置場所の選定、ボートレース場の建設、職員及び臨時従業員の募集、舟券の発売練習、配当の計算練習、宣伝方法、印刷物の選定などさまざまな準備を経て、昭和28年8月28日に初開催の日を迎えた。
開催初日の入場者は4,752名で売上は2,257,600円。翌々日30日は日曜日。快晴にも恵まれ、入場者数11,982名、売上は4,561,300円を記録した。

参考文献:競艇沿革史

ボートレース徳山・歴史年表

1950年代

  • 1953年
    ボートレース徳山が初開催。施行者は徳山市。
  • 1954年
    第2回全日本選手権競走が開催され、登録第247号・松尾勝選手が優勝。

1960年代

  • 1963年
    施設改善五カ年計画着手。
  • 1965年
    電光掲示板を設置。施設改善記念特別競走が開催され、登録第262号・中村五喜選手が優勝。
  • 1966年
    山口県光市がボートレース徳山の施行者に加わる。
  • 1967年
    施設改善五カ年計画により、新スタンドが完成。

1970年代

  • 1974年
    施設改善記念特別競走が開催され、登録第1481号・北原友次選手が優勝。
  • 1975年
    山陽新幹線・徳山駅開業。

1980年代

  • 1980年
    東スタンド新装オープン。施設改善記念特別競走が開催され、登録第2079号・安部邦男選手が優勝。
  • 1983年
    早朝外向前売発売開始。
  • 1985年
    モーターボート大賞が開催され、登録第1515号・彦坂郁雄選手が優勝。
  • 1986年
    施設改善記念特別競走が開催され、登録第2606号・半田幸男選手が優勝。
  • 1987年
    笹川賞競走の臨時特別場間場外発売が行われる。ボートレース徳山ほか5場で大型映像サービスを実施。

1990年代

  • 1990年
    モーターボート大賞が開催され、登録第2205号・福永達夫選手が優勝。
  • 1991年
    第5回新鋭王座決定戦が開催され、登録第3227号・長岡茂一選手が優勝。
  • 1992年
    ボートレースチケットショップ呉がオープン。
  • 1994年
    登録第3541号・三嶌誠司選手が1,800mのコースレコード1分44秒6を記録(2月27日第12レース)。
    さらに登録第2090号・黒明良光選手が1,800mのコースレコードタイとなる1分44秒6を記録(3月17日第8レース)。
  • 1995年
    ボートレースチケットショップ呉に有料指定席を開設。
  • 1999年
    西スタンドがオープン。

2000年代

  • 2002年
    第15回女子王座決定戦が開催され、登録第3611号・岩崎芳美選手が優勝。
  • 2003年
    施行者の徳山市が、新南陽市、熊毛郡熊毛町、都濃郡鹿野町と合併して周南市になる。
  • 2004年
    第18回新鋭王座決定戦が開催され、登録第3902号・蜷川哲平選手が優勝。
  • 2007年
    第20回女子王座決定戦が開催され、登録第3435号・寺田千恵選手が優勝。
  • 2008年
    ボートレースチケットショップオラレ徳山がオープン。

2010年代

  • 2010年
    第11回名人戦が開催され、登録第3024号・西島義則選手が優勝。
  • 2011年
    2/9 モーニングレースを開始。
  • 2012年
    第27回新鋭王座決定戦が開催され、登録第4418号・茅原悠紀選手が優勝。
  • 2016年
    ボートレースチケットショップオラレ田布施がオープン。
  • 2018年
    第28回グランドチャンピオンが開催され、登録第3897号・白井英治選手が優勝。
  • 2019年
    第8回クイーンズクライマックスが開催され、登録第4611号・今井美亜選手が優勝。

2020年代

  • 2021年
    第8回ヤングダービーが開催され、登録第4831号・羽野直也選手が優勝。